ガスコンロ選びで失敗しないコツ

ガスコンロにはさまざまなタイプがあります

ここ数年、IHコンロを使っているお宅も増えてきていますが、ガスコンロを好んで使っている方はまだまだ多いです。ガスコンロも色々便利な機能が付いて使いやすくなってきていますが、当然ですがその分ガスコンロ本体の値段も徐々に上がってきています。便利な機能の中には、センサーが反応して火力を自動で調整してくれたり、消し忘れ防止機能が付いていたり、三口タイプや四口タイプがあったり、グリル機能が充実していたりなど、時短にもつながります。
ガスコンロを購入する際には、お宅によって使っているガスの種類が異なりますので、プロパンか都市ガスかなどを必ず確認しておいてください。ガスコンロは通信販売でも購入できますが、届いたあとにガスの種類を間違えた!使えない!などとならないように。店頭で購入する場合も、安いし掃除もしやすそうだしと選んでレジに持っていっても、レジ担当の方が「ガスの種類はお間違いないですか?」など声を掛けてくれるところは少ないかと思いますので、間違えないよう気をつけてください。
中には、高価なガスコンロを「買う」のではなく、「レンタル」するケースもあります。もちろん毎月レンタル料金は発生するのですが、修理交換費用がかからない、定期的なメンテナンス付きなどの条件があったりもします。ガス会社や家電製品売場で色々と聞いてみるのも楽しいかもしれません。

ガスコンロを買う時に注意すべきこと

ガスコンロなんてどれでも同じだと、適当に選んでガスコンロを買ってしまう人がいますが、実はこのガスコンロ、商品によって様々な個性があります。そこを考えて選ばないと微妙なものを掴まされることになるので、その個性を確認した上でガスコンロを買うといいでしょう。ガスコンロにはサイズの違い、火力の違いなど色々な違いがありますが、その中でも最大の違いが焼き方の違いです。
ガスコンロには両面焼きと片面焼きの2つがありますが、片面焼きの方が安く買えるものが多いです。なので、出来るだけ安く買いたいなら片面焼きのガスコンロを買うべきですが、このガスコンロは片面しか焼けないので、料理中にいちいち裏返さないといけません。裏返すタイミングを間違えると、表は焦げるくらいまで焼けているのに、裏は半分生、というようなことになります。
ですので、料理が下手だという自覚がある人、食材をいつ裏返したらいいのかタイミングがよくわからない人は、素直に両面焼きのガスコンロを買うことをお勧めします。片面焼きと違い、両面焼きのガスコンロは水を必要としませんので、その意味でも使いやすいです。コストが高い点が唯一の欠点ですが、それでも、両面焼きガスコンロの方が使いやすいので、ガスコンロのことがわからないなら、とりあえず両面焼きタイプを買っておきましょう。

カレンダー

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ピックアップコンテンツ

ガスコンロの掃除法と掃除をラクにしてくれるガスコンロ

面倒なガスコンロの掃除は重曹が便利 毎日の料理で汚れが避けられないもの、それがガスコンロです。…

くわしく見る

タイプ別ガスコンロの解説

ガスコンロのタイプとは ガスコンロには、通常の置き型タイプだけでなくビルトインタイプもあります…

くわしく見る

今は多機能ガスコンロが主流

据え置き型かビルトインが迷った場合 我が家は2世帯住宅であり、キッチンが2つあり、ガスコンロも…

くわしく見る

ガスコンロ選びで失敗しないコツ

ガスコンロにはさまざまなタイプがあります ここ数年、IHコンロを使っているお宅も増えてきていま…

くわしく見る

Copyright(C)2017 ガスコンロのお悩みもこれでバッチリ解決 All Rights Reserved.